おふたりとゲストの絆を大切に
1組1担当プランナー
お二人の結婚式に向けての思いや、考え方をお話し頂くプランナー。打ち合わせから当日まで、同じプランナーがお二人をサポートするからこそ、お二人の想いが細部まで伝わるのではないでしょうか。

私たちが考えるプランナーの仕事とは、目に見えないお二人の結婚式に対する想い、ご家族様、ゲストの皆様に伝えたい想いをカタチにしていく事だと考えます。
披露宴の進行、料理の内容、会場の装飾、お二人の考えられたサプライズ、すべてを把握するプランナー。お二人の想いを知っているからこそ出来る最良のタイミングをお作りします。
だから、ウェディングプランナーはずっと同じなのです。

お花1本1本に想いを込めて
当日のその瞬間まで共にします
お二人の想いをコーディネートというカタチで表現。真っ白のキャンパスに絵を描くように。花の組み合わせ、色の組み合わせ、器の組み合わせに決まった形はなく、お二人のお話しを元に、ぴったりのコーディネートをご提案します。

新婦様を彩るブーケやヘッドフラワーも、自社のフラワーデザイナーが準備。新婦様のドレスを見てからコーディネートやブーケを考えるので、調和のとれた空間が出来上がります。
お花は生き物。いつも輝きをはなてるようにケアを。そして、会場ごとにフラワーデザイナーがいるから挙式当日、急遽必要になった花束や、ブーケの手直しなど、その場で対応できる安心感をお届けします。

全てのゲストに喜んでいただく
最高のおもてなしを叶える
お料理の打ち合わせは、必ずシェフと一緒に行って頂きます。それは、お二人の想いをメニューに反映させるのに最善だと考えるからです。
たとえば出身地の食材やご家族が作られたお米を取り入れたい。アレルギー体質のゲストが食べられるコースへ。いろんな想いをひと皿に。何人前のお料理でもひと皿ひと皿丁寧に想いを込めてお料理を提供しています。
併設されたキッチンから温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいままに、お届けします。
建物全てがお二人の貸切に。私たちは本物の貸切空間にするために、1チャペル・1バンケットにこだわりました。
さらに、ガーデンやテラスに至るまで一軒家全てがお二人とゲストのために。
一軒家貸切型ハウスウェディング
だから他の式の出席者に出会うなんてことはありません。
挙式当日は、お二人とゲストだけの空間をご提供します。